ミニチュアクルーズ デニムエディション 人とは違う軽キャンピングカー

こんにちは!広島ブロガーの「やっちぃ@」です♪ ミニチュアクルーズが夢に出てきそうで出てこないんですよ、なぜでしょう?

やっちぃ@

そんなミニチュアクルーズの情報を調べているうちに、 ”ある事”に気づいたんですが、その”ある事”と言うのが・・・

 

ミニチュアクルーズ デニムエディションは
岡モータースのHPに掲載されていない!!

 

何と言う事でしょう〜!
(2017年12月24日時点では、岡モのHPに載っていました! ⇨ デニムエディションはこちら

 

ミニチュアクルーズ応援隊(←誰が決めた?)の私としては、ちょっと許せない気持ちになったので、(←大袈裟)私が岡モに変わってミニチュアクルーズ デニムエディションを紹介させて頂きます♪

 

ミニチュアクルーズ デニムエディション

ひと目見るだけで、気分をアクディブにさせる特別仕様の「ミニチュアクルーズ デニムエディション」です!

まずパッと目を引くのが、地中海を思わせる様なオーシャンブルーのベッドマット♪

家具もオークウッド調で、まるで高級感溢れる海辺のコテージのような雰囲気で、今流行りの、グランピングにお似合いの軽キャンピングカーとなっていますね。

 

ミニチュアクルーズ デニムエディションの内装

 

ミニチュアクルーズ デニムエディションの内装ですが、こちらは通常のミニチュアクルーズと同じ仕様。

家具がオークウッド調で、ベッドマットがオーシャンブルーですから、通常のミニチュアクルーズよりか、少し明るめの車内となっています。

 

ミニチュアクルーズ、オリーブ、デニムエディションの標準装備はこちらです。

 

ミニチュアクルーズ こだわりのプレミアムベッドマット

ミニチュアクルーズ デニムエディションだけではないのですが、全シリーズ共にこだわりのベッドマットを仕様しており、ハイグレードのキャンピングカーに匹敵する50mm厚のベットマットを採用し、寝心地を最優先しました。
またベッドマットに21段階の調節ができるリクライニング機構を追加し、ソファとして使えるだけではなく、車中泊時に気になる路面の傾きにも簡単に対応できます。
後部ベッドマット下には、テーブルや折り畳みチェアを収納するようになっています。

21段階の調節ができて、路面の傾きにも対応できるようにし、顧客のニーズに答えられている作りが最高ですね!!

 

まとめ

最後にキャンピングカーのマナーについて少しお伝えします。

この様なキャンプスタイルにして、ミニチュアクルーズを楽しむことは、公共の駐車スペース、高速道路のサービスエリア、道の駅では、絶対に行わない様にお願いいたします。

キャンプスタイルでお楽しみいただける場所は、キャンプ場や湯YOUパークがありますので、次回、詳しくご紹介させて頂きますね♪

やっちぃ@

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)